格安飛行機で国内旅行をしよう

格安飛行機は不便じゃないの?

日本ではLCCという格安航空会社が登場してから飛行機を使って国内旅行や、場合によっては海外旅行に出かけることも比較的容易になってきました。しかしLCCを使ったことが無い方からすれば、LCCは不便ではないのか、という疑問もわいてくると思います。

本来格安飛行機というのは、大手の航空会社と違いお客様への提供サービスを極限まで切り詰めて、とにかく目的地まで輸送をする、ということに特化しています。そのため大手を使ったことがある方からすれば不便に感じることもあるかもしれません。具体的にいうと機内食が提供されず、提供してもらうためには別料金を払ってもらう必要があります。またできるだけ収容人数を増やすために座席間隔を切り詰めていますが、普通に座る分には問題はありません。人件費を切り詰めることで格安便を運行していますので、お客のほうがチケットを取るのに尽力したりする点もあります。
安さを求めている方からすればあまり問題ではありません。 そんな格安航空チケットをオススメします。

格安旅行にぴったりな特集

ジェットスター
♪お得な航空券付きツアーもたくさんあります。

ピーチ・アビエーション
♪たくさんのお得なキャンペーンを実施中です。

航空券のチケットレス化ってなあに

航空券のチケットレス化とは、その名の通り、チェックイン・搭乗の際に紙のチケットが必要でなくなったことです。
以前まで、国内で飛行機に乗るためにはチケットが必ず必要でした。チェックインカウンターでチケットを見せ、チェックインしても、さらに搭乗口でチケットを出さなければなりませんでした。とても面倒なことですし、チケットという一枚の紙を失くしたら一大事だったのです。
最近は、QRコードが導入されて、機械にコードをかざすことで、チェックインと搭乗ができるようになりました。飛行機を予約する際に登録したメールアドレスや、名前、パスワードなど、個人を特定する情報を、専用のインターネットサイト上で送信することで、自分のQRコードが手に入り、スマートフォンの画面に表示することで、機械がコードを読み取り、承認されます。
これは格安航空でも実施されていて、搭乗時間ぎりぎりまで遊んだり、お土産を買ったりする時間が生まれますし、会社側の人件費も削減され私たちが航空券を安く買えることになるので、とても便利なサービスです。

Copyright(c) 2011 航空券.com. All Rights Reserved.